もどる

〔牛乳の三角パックの話題(特に空間充填形との関連において)に触れている数学関係の文献一覧〕

文献名 著者 発行所 初版 該当ページ 内  容
「自己拡大する四面体」
(『数理パズル』所収)
中村義作 中央公論社 1976 p144 この本については別のページでダイジェスト版を紹介していますので、そちらをごらんください。
『図形の話』 大村 平 日科技連 1979 p169 「……正4面体はすき間なく積み重ねられるところに注目して紙製の牛乳パックに使われているくらいです。」
「まちかどの数学」
(『数学ゲンダイ』所収)
中村義作 朝日新聞社 1993 p74  三角パックの糊付けをはがしたり、何個もの三角パックを積み上げてみるなどして、三角パックを観察したときの様子を綴ってある。
「牛乳テトラパックのひみつ」
(『算数・数学なっとく事典』所収)
江藤邦彦 日本評論社 1994 p234〜237  三角パックは2:√3:√3の四面体であるとして、その特徴が記されている。参考文献として『日本テトラパック25年史』があげられており、テトラパックの歴史についても触れている。
「牛乳屋さんの知恵
−ダブル充填図形T−」
(マセマティカル・アート展図録所収)
東海大学教育開発研究所 −−− 1999 p85 「牛乳の入った“四面体の紙パック(通称,テトラパック)”は正四面体に似ていますが、正確にはそうではありません。各面は2:√3:√3の二等辺三角形の形をしています。」
「ダブル充填図形」
(数学と遊ぼう展図録所収)
同上 国立科学博物館 1999 p37 「実験用に用意した三角錐は、「テトラクラシック」と呼ばれる紙製の牛乳容器に似た形です(図左)。その展開図は図右です。この三角錐は底面が正六角形状の筒にすき間なく積み上げることができます。」

もどる